<< keywordを探して | main | 帰省 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    針治療
    0
      脱ステの時期、はるは針治療を受けていたことがあります。

      たまたま、親戚の叔父人影鍼灸院をやっており、針でここまでひどいアトピーが治ったということは聞かないが、効果ある人もそれなりにいるようだから、よかったらウチにおいでラッキー 、と。

      はるの家は久留米にあり、八女の上陽というところにある叔父の家までは、車で1時間半ちょっとはかかります。

      それでも、ほぼ毎日、半年近く通っていました。

      針を打つというのは、このときが始めてで。

      やっぱり、最初はちょっとドキドキしますね。たらーっ

      台にうつ伏せに横たわり、全身に細い針を打ちます。その針にケーブルを繋げ、あれはパルスって言うんでしょうか、15分くらい一定の周期で電気を流します。その後、グリグリっと針を動かして針を抜きます。次は、仰向けになり同じように針を打つ。そのとき、体だけでなく、顔にも打つのですが。トントンッと目の周りに打たれる瞬間が、一番緊張しました。てれちゃう汗
      パルスが終わったら、軽くマッサージをしてくれます。
      さらに、状態によっては、もう少し太い針で(これはパルスはしませんが)ツボを刺激してもらうこともありました。

      結果から申しますと、リバウンドの時期の酷さが針で治ったか、というとそれはちょっと効果はでませんでしたが。たらーっあせあせ

      はるは、針治療大好き揺れるハート になりました。

      これには、複数の理由がありまして。

      当時の状況としては、痒みや変な焦燥感などでとにかく夜が寝れず、全身に力が入っていました。そのためか、日中も常に体がこわばっていて。このような時に、針やマッサージの刺激は、なんとも言い難い気持ち良さぴかぴか があります。

      この気持ちよさに、ついウトウト猫2眠たい することもしばしばで。
      しかも、なぜか治療している間は、痒くない。イヒヒチョキ
      人前だからという緊張もあるでしょうし、ホルモン産出量が明け方から若干増えてくるため、痒みをコントロールしやすい、ということもありますが。
      それを考慮に入れたとしても、痒さを感じることはほとんどありませんで。
      たかだか1〜2時間の施術中ウトウト睡眠眠たい ですが、ほんと快適ぴかぴか でした。

      また、親戚の叔父さんですので、はるの家庭環境のことも知ってます。針やマッサージを受けながら、色んな悩みや愚痴を言いやすい環境だったことも要因の一つだと思います。

      他人が聞くと、それが全てと誤解されることも多く、それが嫌でなかなか人には言えないことってありますよね。でも、叔父さんだったし、そこは理解してもらえてて。例えば、父親がこんなこといった、おばぁちゃんからあんなこと言われた、妹がこういう風に思ってる、なんて話も、軽く言える。

      針治療とは関係ないですが、メンタルな上での治療を受けていたのかもしれませんね。ニコニコ

      さらに、これこそ針とはあまり関係ないかもしれませんが。八女の上陽というところは山間に位置しており、道中もクネクネと緑の中を走って行きます。車中から見える景色は季節の彩りもみじ を感じますし、窓から入る空気も新鮮です。自然の中にいると、たとえ車中自動車 ではあっても、気持ちいいもんですよね。

      はるにとっての針治療は、色んな意味でオアシス植物 だったようで。

      どんなに酷い状況のときでも、この針治療に行くことを面倒だと思ったことはありませんでした。

      その先に気持ち良い事、楽しい事が待ってると、ヒトって頑張れる気がします。ポッチューリップ


      人気blogランキングバナー
      カテゴリ:atopi*(脱ステのころ) | 12:50 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 12:50 | - | - | - | - |
        コメント
        モトコさんのぶろぐからやってきました!
        最初の私のコメントにレスつけてくれていたのに
        気づかなくってすみません!!
        あまり、前のコメントを見返さないもので・・・
        同年代ってことでよろしくです。

        さて、針治療、私も大好き。
        でも、私は結構敏感みたいで、かな〜り、弱くしないと
        あとで疲れが、どーんと出ちゃうんだな。
        でも、腰とか肩のこりがす〜っと楽になってたまらんです。

        幼少時あとぴのぶろぐで、はるさんのお母さんの励ましの
        言葉に、思わずうるうるしちゃった・・・
        なんか、私まで励まされました。

        私も結婚して悪化、去年入院して、ようやく薬を使わない状態で、リハビリ中。。。
        ぶろぐの皆さんと一緒に頑張って乗り越えていきたいっす!!
        長くなって失礼しましたっ。



        | まるこ | 2006/08/05 11:25 AM |
        針治療、私もしてたな。でも全身にそんなに時間かけてしてくれるってのは、ほんとに叔父さんならではだね。私も鍼灸、今行ってみようかと考えてるんだ。アトピーっていうより、内蔵の調子を整えたくて。
        なんの治療でもそうだけど、人の手っていうのはすごい力があるなって思うよ。鍼の時、結構肌を触るよね。針刺す前とかに触れたりする。アトピーひどい時ならなおさら人に触ってもらうって気持ちいいと思うんだ。
        私は病院で薬塗られただけでも気持ちいいって思うし。
        いろんな意味で気持ちよければそれは治療になってるんだね。
        | モトコ | 2006/08/05 10:17 PM |
        >まるこさん
        こちらこそよろしく!まるこさんは、今まさに辛い時期なんだね。断言はできないけど、きっと良くなる(過ごしやすい)ときが来ると思います。その日を夢見て、頑張ろうp(^^)q
        今あたしは、10年前のリバウンドの時期がウソのように過ごしやすい毎日を送っています。こんなヒトもいるってことで、少しは励みになるといんだけど。atopiは人それぞれなだけに、また悪化することもあるやもしれず。その中で精神状態を保つことは、かなりな修行だよね・・。でも、負けないで!はるが言えるのはそれだけだなぁ(^^;。やくたたじゅ〜デスナ。

        >モトコさん
        うんうん!ヒトに触られる心地よさってあるね。心地よさ=癒しというのも、患者にとっては立派な治療だとあたしも思うよ。でも、素直になれないときもあったりして。刺激に感じてわずらわしく思ったときもあったなぁ。その心ある手を払った自分が、物凄く自己中だったと今は反省しております。心って双方向じゃないとうまくいかないねぇ・・・。
        | はる | 2006/08/10 6:43 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/78
        トラックバック