<< 除去食(1)愛情弁当 | main | 除去食(3)クリスマスケーキ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    除去食(2)遠足のおやつ
    0
      子供にとって除去食で一番つらいのは、お菓子が食べれないことじゃないかな。

      特に、遠足や修学旅行など小学校には『おやつ300円分!買って来放題!』(今も300円?)というとても魅力的なお言葉を頂ける日がありますね。

      食事療法している子供にとって、この日ばかりは何とも言えない切ない気持ちになります。友達同士でお買い物行くときも、何か買えないかな♪と、裏の成分表示を見てみるのですが、まぁ、買えたものはほとんどありませんね たらーっ

      はるは、病院行ったときにatopiちゃん用のクッキーやチョコレートなどを買ってもらってました。なので、それらをちょこちょこっと、他に一口香、酢昆布などを詰めた『特製お菓子袋』を持っていくのですが。

      でも・・・。何と言うか。地味でしたねぇ。

      そうそう。このアレルギー用のチョコレートですが。
      明治の板チョコなんて比ではありません。。。

      でかいんです!

      あれよりも一回り、二回りはあろうかというデカさでした。厚さも1cm以上あったのではないでしょうか。食べるには、包丁でギコギコギコギコしてそれでも切れず、ピックで割るということをしていました。おやつにここまでの気合を入れたおこちゃま時代を懐かしく思います ニコニコ

      ちなみに。
      味はとってもビターで・・・。
      父だけは、「ウィスキーに合うぞ!」と美味しそうに食べており

      高学年になると、父のためだけにチョコレートを買って帰るようになってました パクッ

      人気blogランキングバナー
      カテゴリ:atopi*(幼少期) | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 15:42 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/5
        トラックバック