<< いっそのこと表札を! | main | アカ出産記(1) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    初めての一人旅
    0
      夏、初めて福岡までの一人旅を経験。搭乗口まで見送ったときは、さすがのオジョーもちょっと緊張気味。 

      が、着くや否や、すぐに元のオジョーに戻ったそうで。じっちゃん家では、パラダイスを堪能。

      プラネタリウムやプール、映画と、娯楽も満喫。お菓子食べ放題、TV見放題、焼き鳥食い放題、

      そしてすっかり居酒屋の常連にまで・・・。

      3日くらいが限度かと思いきや、本人全く帰る気ナッシング。          

      一週間ほど経った頃から、じっちゃんから電話で苦情がくるように。                                  

      「おいっ!オマエんとこの娘はどうなっとるとか!?普通、このくらいの年齢やったらそろそろ親恋しさとかいうもんがでるもんじゃなかとか??もう帰ってよかぞと言うと、小憎らしくも『いやや!まだおんねん!!』と、アイツも負けん気が強か強か。ったく!!」                                             

      最終的にじっちゃんの限度もあり、強制的に帰らせることとなった。                                      

      帰り、飛行場で「ママー!!」と笑顔で抱きついてくるかと、淡い期待を抱きつつ迎え口で待っていると、いつまで経ってもでてこない。最後尾に係員に連れられてようやく出てきたかと思ったら、なにやらしょんぼり。        

      駆け寄って久方ぶりの再会に喜ぶ図なんてものもなく、ウジウジウジウジしながら、でてきた言葉は、              

      「じっちゃんが帰れって言った。オジョー、まだ居たかったのに・・・。」

      だった。                             

      通常の祖父母でも、孫の面倒は3日が限度という。そこをじっちゃんは、10日も頑張ったのだ!             

      そこをなんとか組みとってはくれまいか、オジョー殿。                                          

      さてさて、初めての一人旅、らっくしょー♪でクリアしたオジョー、                                   

      『 体重4キロ弱 』というお土産を背負っての帰省でございました。 
      カテゴリ:オジョー | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 18:36 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/378
        トラックバック