<< てんかんについて | main | チームの動き >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    送り迎えなど
    0
       アカが共生ホームでどうすごしているか。
      小さなこどもからおじいちゃん・おばあちゃんまで、いろんな人と接してもらって、共生ホームSから戻ると、とてもすっきりした顔をして帰ってくる。
       共生ホームSの理念としては、こちらはこういうことしかできませんといった一方的な方針ではなく、まずはこちらの要望を言ってくれといわれた。それで、できることは何でもすると。これは、現在長女が通っている保育園と似通った理念で、とても共感が持てた。
      夜間も、お泊りのご老人がいらっしゃるとき、つまりスタッフがいるときは、何時まででも預かることもできるし、送迎もしてもらえる。

      ただ、送迎に関しては、お迎えは送ってもらえるとしても、朝のお迎えが問題となった。Sでは朝ミーティングをして始動することや、アカがまだ0歳児であることから、どうしてもスタッフを2人つけなくてはいけないことなどから、お迎えが10時以降になることだ。そうなると、晋ちゃんがいない間、私とアカ2人だけになる。

      が、私は特に、朝が弱い。そのため、朝は晋ちゃんが8時までにホームに送っていくことになった。晋ちゃんは、朝アカをホームに送ってから、チャイルドシートをSホームでつけかえ、そして家に戻ってきてからチャリでオジョーを園に送り、バイクで会社に行く。それでは会社にどうしても間に合わない。

      せめてチャイルドシートの付け替え時間だけでも短縮できないかと、ホームと相談し、いらなくなった方から頂いたチャイルドシートを随時ホームに置いてもらうようにした。

      チャイルドシートを譲ってもらえないかと、保育園の方々に連絡を入れた際、思いがけない申し出を受けた。

      チャイルドシートはないが、朝の送りを我が家のおばあちゃんができると思うので、そうしたら晋ちゃんも楽になるのではないか、と。

      今、我が家では、朝の送りは、アカは晋ちゃん、オジョーはUさんもしくはUさんのおばあちゃんにしてもらい、お迎えは、アカはSホームが送ってくれ、オジョーはFさん、Hさんがローテーションで送ってくれている。

      我が家は、そんな有志の方々に支えられ生活している。
      ありがたくてありがたくて・・・
      感謝です。


      カテゴリ:保育所 | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 12:13 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/373
        トラックバック