<< いきものがかり | main | 保育所入所ついて2 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    保育園入所について1
    0
      昨年11月に二人目が産まれ、27日、ようやく1歳の誕生日が過ぎた。
      思い起こされるのは、昨年の保育所入所の際の役所の態度。 
       一人目は継続のためか、すんなり書類が通ったが、新規入所となると待機児童も多い。
      そんな中、我が家も昨年アカの入所を申請することとなった。
      我が家の状況を綴った嘆願書や医師の診断書等、書類は上の子と同じなのに、希望の保育園への入所は叶わなかった。

      だいたい2月の最初のほうに、希望保育園へ入所できない家庭には連絡が入るらしいのだが、我が家には2月の中旬、日曜の午後に電話が入った。

      「希望されていた保育所へは入所できません。第一希望までしか書かれていなかったので、〇〇保育所はどうでしょうか?そこでしたら空きがありますので、明日の19時までにご連絡ください。」

      私達が第一希望しかかかなかった理由には、ちゃんとした訳がある。
      まず、我が家の状況をすべて把握しており、発作が起こった場合どうするかなど、これまでにも幾度と話し合い、ようやく体制が整いつつあり、また絆もできて信頼関係もうまれた。私自身、しんどいとき頼れと言われてもできなかったことが、連絡できるようになったり、オジョーも園長を頼っている。ご飯が作れなかったときは、夜間がある日はご飯を持たせてくれたり、時間外の緊急な要請の夜間にも入れてくれたり(一応、夜間に入るときは16時までに連絡せねばならない)、迎えに行けない時に送ってきてくださったり、発作が起きたとき、自宅に来てくれたり、・・・。この保育園でないとならない理由はたくさんある。これらを、他の保育園ができるとは到底思えないからだ。

      嘆願書には、その旨も書いていたのになぜ?という思いで、当日夕刻に今一度話を聞いてもらうため保育課に足を運んだ。

      だが、役所側の対応は、話は聞きますが、決定事項なので覆すことは無理、平等を規すためすべて点数で決めている・・・といった言葉ばかりで、とても親身になってくれているという態度ではなかった。

      では、どうして〇〇保育所を我々に勧めたのか、という問いにも、「駅が近いので」という返答。嘆願書には、公共機関や人込みがダメだということも書いていたのに、この返答かと思うと、とても嘆願書など目も通していないのではないかと思った。

      それでは、我々にも事情があるので、現在通っている保育園のような体制がどこまでとれるのかなど、園長と話をしたいので、〇〇保育所に連絡をとってよいかと聞くと、「役所からの決定届が出される以前に、プライベートな話を園とすることは禁じられているので、それをしてもらっては困ります。」と。

      〇〇保育所について何の情報もないこの状態で、一体我々に日曜明けの平日19時までに、どうやって結論を出せと言うのか・・・。

      腹が立って、虚しくて、悔しくてどうしようもなかった。
      カテゴリ:保育所 | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 14:54 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/370
        トラックバック