<< 3度目のおつかいにして・・・ | main | オジョーの闇鍋クッキング >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    反省ってなに?
    0
       あれはオジョーが4歳になりたてぐらいだったろうか。
       晩御飯の準備をしていたときのこと。
      その日のメニューは、スパゲッティとサラダなど。
      出来上がったミートソースはとりあえず調理台の後ろにある台に移動。
      お次はサラダか、といそいそと料理していたところ、ゴンッと鈍い音とゴォンゴォンゴォンと鍋のふたが転がる音。

      なに・・・!?

      と後ろを振り向くと、床一面、ミートソースの海と化しており・・・。その中にオジョーが呆然と立っていた。レンジ台やらゴミ箱やら冷蔵庫やら、いたるところにソースが飛び散っており、もちろん、真後ろでひっくり返されたため、私の背面ももから下も、見事なソースのしぶき染めに仕上がっていた。


      ふんぬぅぅーーーーーーーーっっ・・・
      (怒り心頭に達するまでの上昇音)



      「オジョーーーーーーーッッッ!!!!」
      (ムキーーーーーーーッッッ  !!!)


      わざとしたんじゃないことぐらいわかる。

      しかし、だ。

      常日頃、聖人君子で教えを説けるかっつーの!
      だいたい、常日頃、聖人君子でいれるかっつーの!
      そもそも、あたしゃー聖人君子じゃないっつーの!

      それに、だ。

      これで晩御飯がパーになっちまったじゃないかっつーの!
      今晩何を食べるんだっつーの!
      それを誰が作るんだっつーの!!!!

      だいいち、

      一体全体、この惨状を誰が処理するんだっつーの!

      あたしダヨッ!!
      あーそーさ、全部このあたしさっ!!


      母は怒っとるんだから、そりゃぁ口調も激しくなるっちゅーもんで。
      最終的には、

      「今日の晩御飯はナシ! そこに立って反省しときなさいっっ!!」

      てなことになった。

      が・・・。

      次の瞬間、母は膝から崩れ落ちたネ。






      「 反省ってなにー!? 」





      ミートソースの海に突っ立ち、大号泣しながら訴える我が娘。




      「 反省って、なにすることなんっっ !?」


      「 オジョー、それ、わからへんっっっ  !! 」






      え・・・


      そこから・・・??


        ハァッッ・・・。
      カテゴリ:オジョー | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 11:24 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/360
        トラックバック