<< 妊娠9ヶ月の様子 | main | 妊婦と自転車 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    帝王切開前検査と出産予定日
    0
       昨日は、妊婦検診に行って参りました。
       先週から1週間に1度の検診となり、予定帝王切開が決まっているため、手術のための事前検査なども実施。

      ・ 心電図
      ・ 胸部レントゲン
      ・ 血の止まりやすさ(耳にちょっと針さします)

      その他はいつも通り、血圧や血液、尿、体重など。
      あと、来週、麻酔科の検査を受ける予定となっております。


      ま、いまんとこ全て滞りなく終了。

      NST(ノンストレステスト:胎児心拍とお腹の張り具合を検査)では、
      日頃の寝不足で、検査中の音楽があまりに気持ちよく、爆睡してしまった。
      久しぶりに質の良い睡眠がとれたことに大満足。(え?そういう目的ではない?これは失敬)


      今回の検診で言われたこと。

      逆子ちゃん直らず、胎盤も低置気味ゆえ・・・

      帝王切開なので、もう位置を直そうという気は医師にもさらさらない様子。というより、アカもでかくなり、スムーズに動くスペースがさすがに後期になるとなくなってきており、今更体位を変えるのは難しいのかもしれない。逆子ちゃんだと、お腹が張りやすくなるらしく、そうなると早産の危険もあり。切迫早産気味だった私は、お腹が張りやすい逆子体操はむしろしないほうがいいとも言われた。

      これから目指すは、とにもかくにも、出産予定日まで、破水と陣痛に気をつけること!

      破水すると、逆子ちゃんの場合、頭で栓をするという技ができず(って、胎児がそこまで考えてするのか!?笑)、下手に足なんぞが出てきてしまうと、その隙間から大量の羊水が漏れ出し、赤ちゃんが危険にさらされるリスクが高まるんだってさ。

      んでもって、ちょいまだ胎盤が下に陣取り気味なので、大量出血となるリスクもあるとかなんとかで、
      (なんか結構な脅しに聞こえる・・・ウウウ (T T) )、

      もう、運動などもしなくてよし!!ってゆっか、しないで!!
      外出も控えて!!
      とにかく、安静に安寧に!
      で、体重は増やさないよう、ヨロシク。

      だって。
      無理だろ、そんなの・・・。
      (特に、安静にして体重増やすなのくだり)

      と、疑惑のまなざしを向けていたのがばれたのかどうかは知らないが、

      お子さん、まだ4歳かぁ・・・。
      子供がいると、安静にって言っても難しいよねぇ〜。
      場合によっては、もう早めに入院してもらって強制的に安静にしてもらうこともあるかもね〜。

      だって。
      脅すなーっっ!!!

      ちょこっち、脳裏に我が日頃のある行動がよぎる・・・。
      なんか怒られそうなので、言うの止ーめた。
      これ以上脅されてなるものかってんだ。

      安寧に過ごさねばならぬ妊婦の心情を計れ。

      というに、さらにこんなことも・・・。

      帝王切開経験者は、子宮が破裂しやすいので
      傷跡がピリピリ痛むことがあったら要注意、
      すぐ連絡ください

      だって。

      脅されまくりの妊婦健診ですが、
      いちお、出産予定日も決まりましたヨ。
      予定帝王切開なので、だいたい37〜38週あたりで産むことになり。
      病院とこちらの都合で、38週を迎えた頃の12月2日に決定。パチパチパチ〜。
      前日から入院して、手術に備えるそうです。

      オジョーと晋ちゃんは、私が入院している間、毎日パーリー(party)をするのだそうだ。
      我が家にもうすぐ来るであろう車に乗って、福岡のじっちゃん家までドライブしようか♪、というプランもあるらしい。
      (なんか、ワクワクの矛先が違う気がするのは、ワタシだけ・・・??)
      もう、自由にやってくれたまえ。
      そのかわり・・・
      退院したら、ヨロシクな。
      カテゴリ:アカ(旧:たーさん) | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 13:00 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/349
        トラックバック