<< ダブルの腹痛 | main | お盆の沖縄帰省 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    アトピーの状態★妊娠7ヶ月
    0
       2度目の妊娠、さてアトピーはどうなるのか。以前、妊娠して早々にアトピーが悪化してきたとお伝えしたかと思うが。早7ヶ月に突入。その間、スッキリとした状況にはなかなか改善していない。
       治療のメインとしては、漢方と抗アレルギー剤、外用薬としてはステロイド、非ステロイド系消炎剤や各種保湿剤、軟膏などを組み合わせているのだが。正直、コントロールできているとはいいづらい状況。

      妊娠6ヶ月あたりまで、ほぼ毎日ステロイドを使用する中、それでも治らず。以前、医師はステロイドの使用法について、こう言っていた。症状が悪化しているときは、怖がらずしっかりと塗り、炎症を短期間で治すこと。なのに、それがどうも立ち行かなくなっているのではないかと、私自身は不安にかられる。短期間って、一体いつまでなのだろう?もう5ヶ月以上毎日塗っているではないか。

      そう考えていた矢先、医師からは、ステロイドは二日に一度、夜だけの使用にするように指示された。炎症がしっかりと引いていないのに、である。案の定、状況は好転するどころか、徐々に範囲の広がりを見せ、顔だけだった炎症も、今では首、胸あたりまで広がってきた。

      何が原因かもわからず、急に炎症が酷くなり、顔もパンパンに腫れ、目も開けられない状況になるときが周期的に、一週間に一度くらいのペースで起こる。ドックドックと脈打つような火照りが夜中も続き、熟睡もできず。家に引きこもり、ステロイドのソフトランディング使用状況で、一週間ほどすると炎症が落ち着いてくる。が、また何かのきっかけで逆戻り。まさに一進一退。

      円錐角膜という目の疾患があるため、コンタクトがはめられないと視力がほとんどとれず、常に疲れやすい状況となり、日常生活が極端に制限される。何もすることがないと、必然的に考え事ばかり。

      妊娠による悪化は、抑えようがないのか。プロトピックを止めたことによるリバウンドなのか。周期的にくる悪化の原因は、どうも外出したときに多く、ということは紫外線?日焼け止めなどの接触性皮膚炎の可能性はないのか?検査でもして、もしそうだとわかれば、原因を排他すればよい。外出する際に悪化しないよう、他の対策も立てることができる。

      今とは常となった目やにや目のかゆみ、耳の中の炎症が酷いといった症状も、何かのアレルギーによるものではないのか?

      そういったものは、果たして現在通っている漢方の病院で判断できるものなのか?
      アトピーが悪化する際には、全身の症状も悪化することが多い。

      内科、皮膚科、アレルギー科、眼科、耳鼻科・・・

      一体どこに救いを求めればいいものか。
      どこも一長一短で、言ってることも違う。
      総合的に診てもらえ、西洋東洋問わず、その個人のその状況に、数ある治療法から最適な治療を選んでくれる、そんな臨機応変な対応をしてくれるアトピー科といった専門分野があればいいのにと、いつも思う。

      よく、そんなことを考える。
      アトピー医療の一本化とでも言おうか。
      そんな時代がくればいい。


      先日、居ても経ってもいられず、使用している外用薬から日焼け止めから全てを袋につめ、
      アトピー、アレルギー専門を掲げる皮膚科へ行った。

      これまでの経緯、現在使用しているもの全て、今の心理的状況。
      全て話した。

      話している最中から涙が溢れた。
      心が救って欲しいと叫んで、どうしようもない。私のパニック様発作の原因の幾分かは、これまで体験したアトピーへの恐怖が深層にあるといってもいいのではないかと、こういうとき特に思う。

      医師の診断。

      心が問題、ただそれだけだった。

      心と皮膚は連動しているので、アトピーや紫外線や汗や、そういうものも原因かもしれないが、一番は心だと。この状況を受け入れきれない心が問題なのだと言われ、アレルギー検査もなかった。

      私には、もうわからなくなってきた。
      卵が先か、にわとりが先かとよく言うが。
      私が幾度の悪化経験してたどり着いたのは、症状が落ち着き、安定した睡眠や日常生活が送れるようになるにつれ、心も明るく健康になってくるのだと、それが心身のバランスというもので、こと、アトピー重症者において、身の改善がどれほど重要なことか、まずは先立って行うべきことは、苦痛を軽くすることだと、そう思っていた。

      アトピー重症の人の多くは、長期間にわたる過酷な体力的、心理的ストレスを嫌が応でも受けていると思う。それでも気丈でいようと、明るくいようと、どれだけ気持ちを押し殺し、辛いという感情を抑え込んでいるか。だがそれも、体力気力が奪われるにつれ、段々と正常な判断や考えができなくなってくる。所詮誰にもわかってもらえないという孤独感も累々と心に蓄積されていく。残されるは、自己否定しか残っていない。そこからどうやって這い上がるか、それはそれでまた辛い自分との闘いの始まりとなる。

      そういったことを全て理解した上で、この発言なのだろうか。

      今、私は何があっても自分を否定だけはしたくないと思っている。
      子育てをしていく上で、自己否定ばかりしている母親としての姿を、子どもに植え付けたくない。子どもに自己否定する子にだけはなって欲しくない、その教育の一番は、親がその姿を見せることだと思っているから。

      そうは思っていても、1人になると、涙ばかりがでる。
      私が悪いのだろうか、どういった考えが悪いのだろうか。どうすれば、その考え方、思考癖を正すことができるのだろうか。でも、どこがどう悪くて、どう方向転換させればいいのか、それがまずわかっていない。

      心が問題というのであれば、せめて、一緒にその問題を解決して行きましょうという姿勢が欲しかった。

      どうやって1人でその問題を解決していけばいいのか、まだ皆目検討がついていない。

      まだまだ心は弱く、色んなことが怖くてたまらない。
      大丈夫、大丈夫と自分に言い効かせるのみ。









      カテゴリ:日記 | 13:48 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 13:48 | - | - | - | - |
        コメント
        初めてコメントさせて頂きます。
        瑠璃色と申します。

        読んでいて
        「そうなんだ、そうなんだ、その通りだ」
        と何度も頷きました。

        不安定になりがちな妊娠中にこれは…
        どれだけつらいでしょう。
        私も経験したことなので物凄くよくわかりました。

        慰める言葉とか気の利いた事も言えないのですが
        ただ

        物凄くよく判る

        と言いたくなってコメントさせて頂きました。

        「頑張って」なんて言えません。
        もう充分すぎる程闘って頑張っているのが痛い程判るから。

        少しでもよくなれます様にと祈っています。
        | 瑠璃色 | 2011/08/26 6:14 PM |
        辛いですね…
        本当に「一緒に解決しましょうね」の一言があればかなり救われるのに…

        だいじょうぶ、だいじょぶ、はるさんはだいじょうぶ。

        私がはるさんのためにできることって何もなくってとても歯がゆい思いです。でも、、、ここにも1人いますよ?はるさんのことをとても大切に思ってる人が、ね。
        | tx | 2011/08/26 6:49 PM |
        あ、書き忘れました。
        私、日焼け止めで蕁麻疹ができたことがあります。やはり合わないものもあると思います。
        特にはるさんはとても繊細で敏感な方だから、余計にきつい症状が出てるのかも。。。
        | tx | 2011/08/26 6:52 PM |
        >瑠璃色さん
        はじめまして。温かい励まし、ありがとうございました(* ^ ^ *)q 瑠璃色さんも、ご経験されたのですね。現在はどういった状況ですか?アトピーも、ほんと人それぞれで。治療法と言われるものは、それこそ民間療法も含め数多あれど、だから、その人と同じようにして治るというものでもなく。私も瑠璃色さんと一緒で、自分が経験しているからこそ、同じような境遇の人に逆に声を掛けることができないときがあります。できないというか、辛さが判りすぎて、気持ちがシンクロして、何をアウトプットしていいのか、自分が混乱してしまうというか(笑)。一度、外出先のトイレで、とても酷い症状の人と鉢合わせて。全く見ず知らずの人ですが、その方の痛みや苦しみ、頑張りなど、それこそ私の体を揺るがすようなシンクロの仕方をしてしまって。個室に入るなり、号泣してしまったことがありました。瑠璃色さんは、今、軽快している状況ですか?だったらいいなぁと。私も祈っています。

        >txさん
        この前は、仕事中にも関わらず、楽しい電話をありがとう♪朝から1人ワンワン泣いて、シャワー浴びて、ふて寝して。そんなときの電話だったから、とても嬉しかったよ。
        患者の勝手なワガママかもしれないけれど、やはり心を寄り添わせてくれる医者だと、こちらも頑張ろうという気になるよね。でも。。。今の診療体勢では、無理なんだろうなぁということも頭ではわかっています。患者数をこなすだけでも、本当に大変そうで。どうしても、じっくり一人一人に構ってる暇はないんだろうなぁ。でも、本当の医療ってなんなんだろうね?って思います。
        | はる | 2011/09/06 2:48 PM |
        コメントへの丁寧なお返事をありがとうございます。
        気付くのが遅くなってしまってすみません。

        > 瑠璃色さんも、ご経験されたのですね。

        そうなんです。

        > 現在はどういった状況ですか?

        あちこち痒かったりしていますが、なんとか普通の日常生活が送れるまでになりました。

        > アトピーも、ほんと人それぞれで。治療法と言われるものは、それこそ民間療法も含め数多あれど、だから、その人と同じようにして治るというものでもなく。

        そうそう、そうなんですよね。

        > 私も瑠璃色さんと一緒で、自分が経験しているからこそ、同じような境遇の人に逆に声を掛けることができないときがあります。

        そうですよね…
        自分の辛い時を思いださない訳にはいきませんものね。

        > できないというか、辛さが判りすぎて、気持ちがシンクロして、何をアウトプットしていいのか、自分が混乱してしまうというか(笑)。

        そうですね、混乱します。
        どんな声も届かない程、辛い時がありますものね。
        もしその時に声をかけてしまったら…と思いはじめると怖くなってしまいます。
        でも人の優しさがすごく欲しい時もあるから、今どちらに居るのかと迷います。

        > 一度、外出先のトイレで、とても酷い症状の人と鉢合わせて。全く見ず知らずの人ですが、その方の痛みや苦しみ、頑張りなど、それこそ私の体を揺るがすようなシンクロの仕方をしてしまって。個室に入るなり、号泣してしまったことがありました。

        人の苦しみにとても近く寄り添える強い優しさを持ったかたですね。

        > 瑠璃色さんは、今、軽快している状況ですか?だったらいいなぁと。私も祈っています。

        ありがとうございます。
        実は私もブログを書いているのですが、
        最近はアトピーの内容から離れているのでお知らせしていいものか迷います。
        | 瑠璃色 | 2011/09/14 9:53 PM |
        >瑠璃色さん
        大変大変お返事遅くなりごめんなさい!!瑠璃色さんもブログ書いていらっしゃるんですね。もしかして、ですけど、モトコさんところによくコメント書いてらしている、あの瑠璃色さんでしょうか。アトピー以外のブログでも何でも、問題ナッシング★ですよ。瑠璃色さんのブログ、こんど覗いてみますね!(たぶん、モトコさんところにリンクはってありますよね??)
        | はる | 2011/11/01 1:34 PM |
        気付くのが遅くなりました。
        お返事くださっていたのですね。
        そうです。モトコさんのところではるさんのコメントを読んでこちらを知りました。
        もし気が向くことがあればお立ち寄りくださると嬉しいです。
        | 瑠璃色 | 2011/11/24 11:12 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/334
        トラックバック