<< 失神発作のときのオジョー対策★保育園の協力 | main | アトピーの状態★妊娠7ヶ月 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    ダブルの腹痛
    0
       先々週の日曜あたりから、頻繁にお腹が張り、ちょっと辛かった。
      キューッと子宮が縮むような痛さと同時に息苦しさも。お腹を触ると、縮んだ場所が球形にカチンコチン。あ〜、ここに赤ちゃんがいるのネ♪と愛しく・・・なるはずないじゃんか!
      うぬぬぬぬと苦悶の表情で横になり、しばらく体勢を変えたりなんたりすると、自然と治るんだけど。
      休みでオジョーが一日居たりしたあかつきにゃぁ、あーた。

      お腹が減った、ママ遊ぼう、絵本読んで、公園に行こうよ〜

      この4語しか知らんのかと言いたいくらい、エンドレスに繰り返される。

      今日はお外も暑いから、一日お昼寝パーティしよう!
      さぁ!一緒に寝るからおいで!!

      と、パーティという言葉で誤魔化そうと試みたが、さすがに「ママ・・・オジョー、そんなに寝れん」。

      し、しんちゃん・・・

      なぜにこんなときに、あなたは休日出勤なのん(泣)

      もう限界と、保育園のお友達に連絡をとると、快くオジョーの面倒を見てくれた。
      遠くの親戚より近くの他人。
       
      盆前の平日は、オジョーも保育園に行っているので、その間、しっかり横になるのだが。
      夕方からは、お迎え・夕飯作り・夕飯・片付け・お風呂・寝る準備・・・・結構これがハード。
      昼間の充電が数時間で消耗される。

      あぁ、こんなんで大丈夫なんだろうか。

      張るお腹に不安を抱えつつ、といっても、病院に行くほどのことではないのでは?なんて思ったりして。本音は、診察代やら薬代がもったいないという、せこい考え。医師に安静になんて言われても、安静にできない事情はどうしようもない。だったら、安静にと言われてない状況のほうがまだ頑張れるというもの。とにかく、とにかく盆まで持ってくれと願うばかり。
      盆は、しんちゃんがオジョーを連れて沖縄に帰省する。
      そうなれば、ゆっくりできるのだ。
      それまでがんばれ、私。

      12日帰省当日、しんちゃん、朝まで帰ってこず。

      オジョーの分の帰省準備と、朝食と、飛行機の中で食べる弁当と・・・

      んなことやってたら、本当に本当に、立っていられないくらいの激痛が、いざ見送りという段になって襲ってきた。

      とにかく送り出すのだ!!

      っだぁーっっ(涙)痛いー。

      しかし!!ここは笑顔で「いってらっしゃい♪」だ!

      が、言葉に出たのは、「は、早く・・・行って来い!!(お願いだから早く行け!)」。

      んもう、限界MAXかもしれん。

      玄関が閉まると同時に、その場で七転八倒。
      病院に電話とか何とかでなく、とにかくじっとしてられない痛さ。
      これは・・・何だか痛みが違うような。
      しかし、痛い。

      ちょっと治まって、布団に這うようにしてむかい、あっち向いて、こっち向いて。
      とにかく落ち着かない。

      なんだか、もう、お腹がおかしい。

      ト、トイレだ!!
      いそげっ、あたし!!

      ところが、トイレに座ってみても、まったくもって出てこない。が、しかし。とにかく、ふんぬぅ〜っとした痛みが襲う。

      こ、コレはっ!!

      お腹を壊したときの痛さではないか!!

      なのに、出てくれない(泣)

      キュ〜ン、キュ〜ンと、何かが収束していくような痛みに悶えつつ。トイレから離れられないので、読書でも・・・。

      できるかいっ。

      んもう、んもうっ。

      早く出したい。

      トイレで悶えること数分・・・この時間の長いこと!

      妊娠中は、なにやら便秘気味だったりして、その分たまってるんだろうけど、溜まり過ぎてスムーズにでないのだろうか。腹が壊れているのは、もう間違いなくわかるのにっ。出口に栓がされてでてこない。

      と、

      で、でたぁ・・・。

      栓が抜けると、もう、あとはスルスルスルッと。

      はぁっ。
      すっきり♪

      気持ちよくトイレを後にしたが。
      このとき、これが単なる第一波だったとは、思う由も無く。

      その後、数時間置きにトイレに駆け込むことに。

      その日の夜中は、特に痛みが酷かった。
      駆け込む直前の七転八倒中に、こんどは妊娠によるお腹の張りが襲ってきたりして。

      ダブルって辛い。

      ヘロヘロになってトイレから戻り、また横になり。
      次なる痛みが来たときに、頭の中をふとよぎる、

      『妊婦、家族が帰省中に孤独死・・・死因は、下痢による腹痛・・・』

      ブンブン(頭を振る音)。
      いかん!!この状況は恥ずかしすぎる。部屋も散らかしっぱなしだ。しかも、もしそうなったら、きっと出るもんが全部緩んで出ていると思われ・・・。きっと、発見されるのは早くても4日後。この猛暑の中、いくらクーラーつけてるとはいえ・・・。恥ずかしすぎるではないかっ!!とてもじゃないが、現場検証の方にも絶対に立ち入って欲しくない。

      そんなことを思いつつ、かかりつけの産婦人科にとりあえず電話したが・・・

      繋がらなかった。

      立ち上がって他の連絡先を探す気力もなく、その時点で、もう、どうなってもいいやと。
      来るなら着やがれ、現場検証・・・と。

      気が付いたら、朝だった。

      おりょ?

      昨日までの腹痛が、すっかり治まっているではあーりませんか!

      ほぅっと、嵐が去ったことに安堵し、前日の朝唯一口にしていた、オーストリア土産のチョコレートを一粒頬張った。

      数時間後・・・

      前日同様の苦しみを味わった。

      っくっ!!
      コイツか!コイツの仕業かっ!!

      確証はないが、異国のチョコが恨めしく見えた。
      絶対コイツに違いねぇ。

      結婚ハネムーンの土産だか何だかしらんが、
      翌日は幸いにしてゴミ収集日だった由、捨てたったのは、言うまでもない。

      盆休み、誰も居ないアパートの個室で、1人腹痛に悶えたこの夏を、
      あたしは忘れない。

      ミ〜ン、ミ〜ン。
      (蝉の声)





      カテゴリ:日記 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 23:49 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/333
        トラックバック