<< 3. 体の震え | main | 5.お義母さん >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    4.妹がきた
    0
      2007/11月
      晋ちゃんが沖縄のお義母さんに連絡をとった。

      お義母さんのアトピーに関する知識は、いわゆる一般のソレとかわらない。まさかアトピーが原因で、日常生活ができなくなるとか社会生活ができなくなるとか、そういうことはまったく思っていなかったらしい。

      なので、電話で晋ちゃんが話していてもいまいちピンとこず、私と電話を代わって初めて何か大変なことが起こっているのだと理解したと、後に語ってくれた。

      そのときの私は、体が震え、声が震え、喋ろうとしても言葉にならない。そんな声で、ひたすら「すみません」「ごめんなさい」と泣きながら繰り返していた。

      すぐにお義父さんがチケットを手配し、電話をした翌々日にお義母さんが大阪に来てくれることとなった。

      私の実家にも連絡を入れると、お義母さんがくるまででもと、妹(チー)が仕事を休み、急遽駆けつけてくれた。

      チーにはトラウマがあるのだと言う。本人が言うのだからそうなのだろう。私が小さい頃から体が弱かったため(気だけは強かったが)、周りの目が事ある毎に私に向く。なので、すこぶる元気印のチーは、どうしても後回しになることが多く。なんでお姉ちゃんばっかり・・・・と、チーはちょっと寂しかったのだそうだ。

      もちろん、親は平等に接していて、分け隔てしたつもりはない。ハンディキャップのある分、ちょっとした配慮をしてあげることが贔屓にはならない、それを不平等というならそれは平等の履き違えだというのが親の理論だ。

      しかし、幼かったチーには理解できるはずもなく・・・。まだ子どもな中学を卒業した年に母親を亡くし、それからすぐ、私のアトピーが激悪化(ステロイドのリバウンドによる)した。そのため、周りが必死で私の状況をなんとかしようと躍起になっている中でも、チーは一人、我関せずの態度をとっていた。
      どんなに私が発狂しそうに泣き叫ぼうと、それはチーにとっては耳障りでしかなく、アトピーである私がイラツキの原因になっていたようだ。

      時が経ち、チーもいつしか大人になっていて、自分の葛藤と向き合い、お互いの状況や立場をある程度慮れる歳となっていたことを、今回あらためて気付かされた。

      チーはどちらかというと家事炊事が得意とは言い難いところがある。けれど、チーはチーなりに、一生懸命看病してくれているのがわかった。あのチーが私のために何かをしてくれるという状況が、なんとも奇妙で変な感覚だったが。

      嬉しかった。

      「姉妹じゃなかったら、絶対お姉ちゃんとなんか一緒にならん!」

      かつてチーが言い放った台詞を思い出し、ちょっと笑った。
      そうだねぇ、私達は性格から考え方・好み、何から何まで正反対の姉妹だもんね。

      でも、チーが妹でほんとに良かったと思ったよ。

      酷い姿の私を見ても、チーは全く表情を変えなかった。お得意の自虐ネタ(チーの自虐ネタは、そこらのお笑いネタより断然おもしろい)や家族の話などで明るく振舞ってくれていた。でも父親への報告では、「お父さん来んでよかったよ。お父さん、きっとお姉ちゃんを正視しきらん。泣くと思う。」と言っていたそうだ。そんな気遣いまでみせるようになったチーが頼もしく感じた。

      持つべきものはなんとやら。

      ありがとうね、チー。

      カテゴリ:産後のアトピー | 13:50 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 13:50 | - | - | - | - |
        コメント
        >酷い姿の私を見ても、チーは全く表情を変えなかった。

        アトピーの症状が悪化してる時ってこれだけで心身共に救われますよね。何も言わなくてただ普段と変わらず接してくれる、ほんの少しだけ自分も『いつもと同じか』って思えて心が安らぐ。はるさんの日記で『ひとにめぐまれしもの』を読ませてもらった時に思ったのですが、きっとはるさんご自身が真っ直ぐで素敵な方だから周りもそんな方達が自然に集まってみえるのかなって。

        私の両親は少しでも私の症状が悪くなってくると、私の顔や体をじーーーっと怪訝な顔しながら見てきて『調子悪いよね。なんか原因思い当たる?』っていちいち言ってくるのがすっごく辛かったです。それをふと思い出しました。
        | Aco | 2008/08/29 3:36 AM |
        わたしは30代の終わりにひどい鬱になって、そのとき一番うれしかったのは、だまってとなりに座っていてくれる人の存在です。

        中には「鬱になるとどうなるの?」と聞いてくる人もいて、(クスリの副作用のために)無表情な顔で「死にたくなります」と答えるときの脱力感は耐え難いものがありました。

        一定の距離をとって見守りつつ、こちらがSOSを出すまでは放っておいてくれる人。はるさんの妹さんと同じような、そうした一握りの人のおかげで、半年後には無事に寛解できました。

        このときの経験をさかのぼると発達論の「対象恒常性」に行き当たるのですが、「見守られ感」をわたしのこころの中にかたちづくってくれた母親の存在は大きいと思いました。

        はるさんの授乳の模様を読むたびに、母親を思い浮かべては感謝しています。はるさん、ありがとう。


        | すぎげん | 2008/08/29 6:07 PM |
        >Acoさん
        真っ直ぐで素敵・・・ほぅっ♪もっと言って。なんちゃって(笑)。それはどうかわかりませんが、周囲の人のおかげで、性格が丸くなった気もします。昔はトゲトゲしていた時期もあって。これは自分も損ですよね。

        Acoさんの御両親も、きっとAcoさんのことが心配でいっぱいなんでしょうね。だから余計に気掛かりになる。わかっていても、毎回となるとちょっと辛くなるときもありますね。私もそのような経験あります。気持ちはわかるんだけどなぁ・・・、ですよね。

        >すぎげんさん
        鬱というのは、本当に辛い病気だと思います。わたしの場合は、原因が病気から引き起こされる鬱状態だったこともあり、それがなくなると鬱自体も消えたんですが。精神のブラックホールに入るときついですね。今はもう大丈夫ですか?周りに見守ってくれる人がいるって、幸せです。「対象恒常性」という言葉に馴染みがなく、ググッてみました。なるほどという思いで、我が子を見やり、ちっちゃい体で今一生懸命いろんなことを習得してるんだなぁと、あらためて思いました。人を信じるという根本的なところで曇りのない確信を持たせてやれたらいいなぁ。勉強になりました!
        | はる | 2008/08/30 10:35 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/270
        トラックバック