<< 8.蕁麻疹に悩まされる | main | 10.たくさんの声に支えられて >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    9.親の愛
    0
      2007/12月
      精神的に辛くなると父親の声が聴きたくなります。

      血のつながりに甘えたくなるとでもいうのかな。夫や友人とはまた違う感覚がそこにある。苦しくて苦しくて、生きねばならぬということが何故こんなに辛いのかと、子どもがいるというのにそればかりを考えて。

      そんなときいつも思い出していたのは、父親に苦しいほどに抱きしめられた温かい記憶でした。


      高校を卒業した年に母が他界し、翌年からアトピーが悪化して、それからの4年間は酷いものでした。父との関係も当時はギクシャクしていて、結局は親の想いといったものがわからず。自分の苦しみしか見えていません。闘病といった生活が何年も続くと、本人ばかりでなく、それを見守る側も疲れ果ててきます。精神的問題、経済的問題・・・。特に経済的問題は、きれいごとでは隠せない現実として重く圧し掛かってきます。そういう問題も抱えながら、どんな励ましもどんな援助も空しく、どんどん堕ちていく我が子を見る親の辛さは如何許りだったろうかと。父もある意味闘っていたのだと思います。

      ある日、酔っ払って戻ってきた父が大声で私の名前を呼びながら、ふらつく足で居間にいる私の元にきて、倒れこむように抱きついてきました。

      父は若かりし時代を柔道一筋で過ごしてきただけあって、その体格はとにかくがっしりと分厚く。その体が、私を息ができないくらいにしっかりと抱きしめる。

      普段はまさに腫れ物に触るような感じで、決して私に触れることなどなかったので、あまりの唐突さにこちらも呆然としていました。

      父は泣いていました。

      「 すまん! こげん辛い思いばさせるために産んだっちゃなかとに。代わってやることも、どげんしてやることもできん。 ばってん、生きろ! 絶対治る! 絶対治してやる! こげん苦しんで、幸せんなかはずんなかやんかっ。 生きろ! どげんしてでん生きろ! 俺りぁもぅ、それしか言えん・・・ 」

      そう言いながら、また体いっぱいで抱きしめる。

      父の大きな大きな体と流れ落ちる涙の温かさ、そして何よりもその愛情の深さにがんじがらめにされて逃げられない。

      涙が溢れました。もう何も感じる気力さえもなくなって、泣くことすらなくなり死のみを望む日々に、生命力が吹き込まれた瞬間でした。一度堰を切ると辛さや哀しさといったものを全て出し尽くすかのように止め処なく、叫びとともに涙が流れ落ちていきました。

      よく 『 母の愛は海より深く、父の愛は山より高し 』 と言います。でも、父だから母だからの別はなく、親の愛情というものは普遍的とか崇高だとか、もう神の域のような、そういう気がするのです。

      だから・・・

      辛くて辛くてどうしようもなくなると、親の愛につつまれたくなるのです。生きるために必要な愛がそこにあると、子どもは知っているから。回帰本能ってやつなのかな?


      カテゴリ:産後のアトピー | 14:46 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 14:46 | - | - | - | - |
        コメント
        読んでいて涙がでました。
        やっぱり親ってありがたいですね・・・。
        無条件ですもんね。

        こげん苦しんで、幸せんなかはずんなかやんかっ
        >そうだ、うんうん、きっとそうだ!ねっ!

        遅ればせながら、先日は返信コメントにての励まし、ありがとうございました。

        ではまた!


        | さくら | 2008/09/14 7:56 AM |
        >さくらさん
        親の気持ちってやっぱりこういうもんなんだと思うんです。見守る側の気持ちってなかなかわからなかったりするんだけど、きっと今苦しんでいるヒトたちのサポーターも、こういう気持ちなんじゃないかと。幸せんなかはずんなかっ!ですよね。がんばらんとですよね。
        | はる | 2008/09/16 3:43 PM |
        “愛”ですね。
        愛って表現形は色々あるけれども、根底に流れているものは普遍であり不変ですよね。
        | 村人 | 2008/09/17 1:09 AM |
        >村人さん
        そうなんだよね〜。愛なんだよねぇ〜。私の愛も普遍のつもりで送ってんだけど、届いてる?笑 元気ですか?
        | はる | 2008/09/17 6:03 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/269
        トラックバック