<< 出産予定日の不思議 | main | 吹き替えって重要ヨ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    辛いときは辛いのさ
    0
      気持ちはしっかり・ゆったり持とうと思っても

      辛いときは辛いのさ・・・。

      ずっと炎症と痒みが続く体で常に平常心を保つ気力は、自分で言うのもなんだけど、結構きつい。

      たかがアトピーという認識がまだまだ社会にはあって、どれだけ生活しづらいことかということはなかなか理解されない。

      たぶん、これはなってみないとわからないんだろうなぁ。

      夜はホルモン分泌が減るためか特に痒みが強くなり、炎症を起こしているところはカッカと火照る。

      七転八倒するほどの痒みがわかるだろうか。

      その後状態が酷くなるとわかっていても抑えることができないときもある。

      そういうときは、もう、泣きながら気が狂ったように掻く。

      一通り掻き終わると、スーッと熱気が冷めていく。

      息は肩でハァハァと吐く。そのくらい気力体力ともに疲れ果てる。

      そんな夜が毎日続く。

      熟睡なんてできない。

      もう、なんでこういう状態に自分がいるのか、ほとほとわからなくなってくる。

      いつ治るんだろう、なにが悪いんだろう、薬飲んでる意味はあるんだろうか・・・

      なんで?なんで?という思いばかりに囚われる。

      こういうのを、ハツカネズミ症候群という。

      同じことばかりグルグル考え、どこにも出口がない。

      でも、実のところ、そのどれにも答えはないんだよね。

      「わからない」ということだけが”わかっている”。

      ならば止めればよかろうにと思っても、中々抜け出せない。

      先日の夜中、とうとう自分でも訳がわからなくなってしまい、喚きながら手当たり次第近くにあったモノを窓や壁に投げつけていた。

      寝ていた相方が飛び起きて、あたしのいる部屋にくる。

      投げる手が押さえられると、今度はワァーッと泣き崩れた。

      相方はその間、黙ってあたしの体をポン・ポン・ポンと手で優しくリズムをつけていた。

      そのリズムとともに、過呼吸気味だった呼吸も段々と落ち着き、熱気が引いていった。

      冷静になって自分を分析してみると、きっともう我慢できない状況にきてるんだなぁと思った。

      疲れている。

      いろんなことに。

      この状況をまず緩和しないことには、改善されないんだろう。

      何が自分にとってストレスか、治らないことか、医者への疑心か、出産への不安か・・・

      思いつくまま紙に書いていく。

      そして、それらをグループ分けしたり、順番づけたり、統合したりして整理し、箇条書きに。

      最後に、これは自分の中だけで解決できるものかどうか?の検討。

      否、あたしの場合は、この心情を理解して欲しいヒトがいる。

      疑心を抱いたままの治療に効果があるとは思えない。

      そう、現在担当医師であるミネリンに伝えないと。

      ただ、医師との関係をうまく築くのは結構難しいことで、医師の機嫌を損ねるようなことを言ってはいけないのではないか・・・などと考え、どうしても患者は下手に出てしまう。

      きっとそういうジレンマも含め、内に込めるだけ込めてしまったものが満杯になってきたのだ。

      医師と患者の関係は双方向でなければならないと思う。

      この思いを受け止めることができないのであれば、そこまでの器の先生なのだと思うことにしよう。

      下手に自分勝手に治療を打ち切ったりするのは本意ではないし、相手の言い分も聞かないうちに、見切りをつけるのもどうかと思う。

      ちゃんと話合わないといけない時期がきたんだと自分に言い聞かせ、次の診察のときに『ラブレター』と称して、思いの丈を綴った箇条書きの紙を手渡した。

      結果、自分にとっては+(プラス)に転向したと思う。

      ミネリンの考えも少しだがわかったし、なにより自分の思いをミネリンはちゃんと受け止めてくれた。

      この先生のもとで頑張ろうと思えただけでも、もうけもん。

      症状に違いがでなくとも、マイナス因子をできるだけ排除できれば、気の持ちようも変わってくる。

      少し落ち着いた。

      気持ちの整理の仕方もヒトそれぞれ。





      カテゴリ:atopi*(現在) | 18:46 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 18:46 | - | - | - | - |
        コメント
        受け止めてくれる先生で良かったね。こういう人がいるといないとでは随分気持ちは違ってくるよね。
        それから時々は爆発するのは健康に良いのでは??って思う。この前読んだ本でもね、子供とかって、時々訳もなく癇癪おこして泣きわめいたりするじゃん?それってすごい気の発散なんだって。・・って、私達はもちろん大人なんだけども(笑)
        私もハァハァ言いながら掻いてる!!心底疲れるよね。そんでもってこの疲れは心地よい疲れではない。
        | モトコ | 2007/04/08 7:06 PM |
        皆一緒だよぉーーーー
        辛いときは辛いのさ
        痒い時は痒いのさ
        頑張ろう!
        明けない夜が無いように
        冬は必ず春となる!
        o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!
        | まゆ | 2007/04/09 4:53 PM |
        >モトコさん
        うん。体って良くできてるなぁって思うときあってさ。精神力でいくら抑えようとしても、体がついていかないときってちゃんと悲鳴あげるようにできてんだなぁって。そういうときは素直にそれに従うことも身を守る手段なんだと思う。辛いと言えるうちは、まだ頑張れるってことだね!

        >まゆさん
        ありがとうございます。
        なんでしょうね、atopiちゃんの方のブログなんか見てても、みなさん今の時期悪化してるヒト多いですよね。『春』だからですかね??(笑)花粉・黄砂・排気ガス・・・色んなものにガン飛ばしたくなりますr(^ ^ ;。
        | はる | 2007/04/10 9:40 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/202
        トラックバック