<< 家族との関係 | main | 変な話ですが >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    カポジ
    0
      闘病という言葉は、気持ちがあっての闘病か、
      それともただその状態で日々暮らすだけでも闘病か。

      よくそんなことを考えていました。

      闘うという気力など、もう残っていません。

      ただ、辛い。
      ただ、苦しい。

      この状況で人間らしく生きるということは、どういうことなんだろうか。

      症状を訴えたところで、治るわけでもなく。
      全てが無駄に思えていました。
      体にちょっと異変があっても、それをおかしいと思う感覚すらなく、
      ひたすら我慢するようになっていて。

      口の周りから始まった膿疱が顔面に全身にと、びっしり隙間なく広がっても、
      あぁ、またアトピーが悪化したのかと。
      熱っぽさも、倦怠感も、もう何年と続いているので、
      それがちょっと酷かろうが、動じることもなく。

      早く時が経って、少しでもこの症状が治まりますように・・・

      今思えば、その症状はアトピーのソレとはだいぶん違うものだったとわかります。

      家族は大変心配していましたが、
      はるはその思いを受け取ることはできませんでした。

      もう、どうなってもいいと思っていた。

      父は、明らかにその症状がおかしいと思ったのでしょう。
      ある日、部屋にズカズカと入ってくるなり、はるを抱きかかえ、

      何もいわんでいい!

      と、そのまま車に乗せ、かかりつけの診療所へ連れて行きました。

      あぁ、父に抱きかかえられるのは、これで二度目だなぁ

      はるは、そんなことを考えていました。

      診療所の先生は、はるの症状に驚いていました。
      すぐに大病院に連絡をとり、先生と婦長さんが付き添う形で、
      はるはその病院へ搬送されました。

      病院の先生は、大変怒っていました。

      なんでこんなになるまで我慢した!? 脳までやられたいとか!
      痛かったろうがっ! きつかったろうがっ!
      病気をバカにしちゃいかんっ!!


      はるは、カポジ水痘症という感染症に罹っていました。


      〜 つづく 〜



      人気blogランキングバナー


      カテゴリ:atopi*(脱ステのころ) | 14:02 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 14:02 | - | - | - | - |
        コメント
        病院の先生、怒鳴りながらも言葉に温かみが感じられて涙が出るね。
        はるさん辛かったんだね。というよりまともな思考が出来てないくらい疲れ果てていたのだと思う。
        お父さんかっこい〜〜!男の強さを感じますな。
        | モトコ | 2006/09/25 9:16 PM |
        うんうん、私も思ったw

        >痛かったろうがっ! きつかったろうがっ!
        そうよ。。。この通りなのよ
        (*´・ω)(ω・`*)ネー w
        家の父もいつも見守ってくれてます
        父の存在って大きいよねー
        | まゆ | 2006/09/25 10:50 PM |
        >モトコさん・まゆさん
        父の存在、祖母の存在、家族、友人、先生たち・・・色んな人に囲まれて、生きてきたのだなぁと思わずにはいられない。
        人って一人では生きれないんだよね。頼り頼られ人となり・・。
        ほんと、みんなにありがとう♪デス。
        | はる | 2006/09/26 12:46 PM |
        こんにちは(^^)
        自分の身体のことは自分が一番わかっている。
        それは、その通りなのだけれど、
        自分の身体の症状を自分で客観的に診断することは、
        思った以上に難しいことだと思っています。

        だからこそ、医者や家族、第三者の目が必要に
        なると思うのです。

        だからあきらめず、訴えてみるのも大事だと思います(^^)

        うちは、お医者さんにはこれでもかって言うくらい
        いろんなことを訴えています(^^;)
        診断に疑問を抱いたら、絶対に聞き返してます。
        うるさいって思われたっていいんだ〜、大事な子供ですから♪


        | felico | 2006/09/29 9:35 PM |
        >felicoさん
         >自分の身体のことは自分が一番わかっている・・・
        ということは、その頃ぜんぜん思えなかったなぁ。自分のことがわけわかんなくなってた。なんで!?ばっかり(笑)
         >うるさいって思われたっていいんだ〜、大事な子供ですから♪
        ん!母は強しだよね!!そーだ!そのとーりだ( * ^ ^ * )/

        | はる | 2006/09/30 4:33 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/138
        トラックバック