<< 酔っ払い | main | 仲良くしませう >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    大学のこと
    0
      ずっと滞っていた脱ステ時のことを、久しぶりに書いてみます。
      あまりに空いてしまったので、なにから書いていいかわかんなくなっちゃった。

      ので。

      とりあえず、その頃、学校についてどうしていたか、どう思っていたか、など。

      ***********************************************

      脱ステでatopiちゃんが悪化したのは、大学に入った年で、
      ちょうど前期試験の前あたりだったかと記憶しています。

      試験勉強など全然できる状態ではなく、それでもどうしても単位だけは欲しかった。

      今思い返すと、一体何の意地だったのか。[:がく〜:]

      動くのもやっとの状況でしたが、勉強もしないまま、試験を受けに行きました。

      もちろん、そんなことで通るほど試験は甘くないので、悉く不可です。
      中には甘い先生もいらっしゃるので、出席だけでもとりあえず可合格 と、
      単位を頂いた科目もあったのですが。
      後に、コレがとっても邪魔になるんですけどね たらーっ あ〜あ

      後期になると、実習が入ってきました。
      グループ毎に実験を行い、課題レポートを提出しなければいけません。

      けれども、そのころはもう、起きていることすらやっとという状況でした。
      講義も実習も、ほとんど出席できず。
      頭の中では、こんなことをしても無駄だという気持ちもあった。
      でも、結果は如何にせよ、どうしてもあきらめきれない。

      ある日、何とか出席できた実習のレポートを出すために学校に行ったときのこと。
      はるは、そのレポートの提出期限が変更になったことを知りませんでした。
      講義や実習に関する諸々の連絡は、学内の掲示板に張り出されるようになっていたのですが、学校に行くことができていなかったので、それを見逃していたのです。

      その実習の担当教官の言葉は、予想はしていたものの、やはり厳しいものでした。

      期限は過ぎているのだから、受け取れない

      でも、せっかく書いたレポートです。
      どうにか受け取ってもらえないかと、事情を説明したところ、
      教官からは思いもよらぬ言葉が返ってきました。

      事情はどうであれ、あなたの事情でしょ。期限は期限だから。ソレ持って、早く帰ったら?連絡してくれる友達もいないなんて、かわいそうだね。

      一瞬、他人事のように聞こえました。
      これが自分に投げかけられてる言葉なのか、と。

      確かに、学校にほとんど通えていないはるに、友達と呼べる人はいませんでした。

      でも、それは、悪いことなのだろうか、可哀想なことなのだろうか。
      提出しにきただけなのに、それは議題とする問題か。
      なにより、この人に言われる筋がどこにあるのだろうか・・・。

      今自分が置かれている現状が理解できない。

      混乱する頭で、何も答えることができませんでした。


      自分勝手な解釈でその人の本意が見えなくなる、ということが往々にあり。
      はるも、その後の長い脱ステ期間において、周囲の何気ない言葉に勝手な被害妄想を抱き、その人を誤解していたという経験があります。

      もしかしたら、別の意図があったのかもしれない、本人には傷つけるつもりはなかったのかもしれない。

      そう思いたいのですが。

      やはり、現在に至っても、この教官が発した言葉の真意はわかりません。

      言葉って難しいなぁと思います。


      話は戻しまして、その言葉を受けたことが機となり、大学生活が思い通りにならないジレンマに、ひとつの区切りを持つことができました。

      1年もまともに通えなかった大学ですが、もう大学のことを考える余裕もなくなっていましたので。

      とりあえず、休学という道を選ぶことにしました。


      〜 つづく 〜



      人気blogランキングバナー
      カテゴリ:atopi*(脱ステのころ) | 17:11 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 17:11 | - | - | - | - |
        コメント
        なんて酷い言い方するんでしょう・・・
        気の毒な人よね
        言葉って凄く難しい
        私も沢山考えながらお話しすること多いけど
        後からあ・・・言葉が足らなかったかなって
        沢山反省します

        息子の中学卒業の時に私が尊敬する方の言葉を写真立てに入れてもらった言葉です

        人間は
        たった一言の言葉で
        悩むこともあれば
        傷つくこともある
        また安らぎを感じれば
        勇気を奮い起こしもする
        ゆえに 言葉が大事になる
        言葉への気遣いは
        人間としての配慮の
        深さほかならない
        | まゆ | 2006/09/23 6:21 PM |
        教官の言葉が胸に刺さりました。ひどい・・・。真意はわかりませんが、事情をわかろうともしない人にそんなことを言われる筋合いはないですよね。

        「言葉」って使い方一つで、暴力にも癒しにもなると思います。「形」としてあるわけではないので、見えにくくて難しいですね。
        | 村人 | 2006/09/24 9:12 AM |
        実習ってことは、はるさんは理系の大学に通ってたのかな
        (^^)

        大学の先生に人間性を求めるのはなかなか難しいものがあると思います。そうとしかなれなかったような方が多い気がします。

        正直なところ、実習やレポートに終われるような大学では、
        縦と横のつながりが相当大事なものになってきます。試験も過去問がなければ受かるのは至難の業です。

        期限が少しでも遅れれば不可、テストで1点でも足りなければ不可なのが大学ではありますが、先生の発言は一言余計なものが混じっているし、同じことを言うにしても、もう少し言い方というものがあるような気がします。

        大変でしたね(TT)




        | felico | 2006/09/24 9:43 AM |
        >まゆさん
        「言葉への気遣いは 人間としての配慮の深さほかならない」
        そうですね。わたしも気をつけないと、と思います。人間ですから!!(笑)。大切な言葉を教えてくださって、ありがとう( * ^ ^ * )

        >村人さん
        うん。「形」としてあるわけではないから、それだけ捉えられ方も千差万別だということ。言葉を発する責任て大きいよねぇ・・。もし間違って捉えられても、修正する機会が必ずあるとも限らないし。ほんと、あたしも気をつけんばっ!!

        >felicoさん
        ピンポン♪の理系です。はるが接したきた中では、特に大学の先生だから・・・という感はないのですが。この人は、やっぱ特別だったように思います。頭はいい方なんですけどねぇ。
        「縦と横のつながり」、「過去問」の話、まったくその通り!大学って、社会の縮図っぽい感じだね。一人ではなんとも生き難い、なんてね。
        先生の発言は、ウソのようですが、一言一句、この通りなんですよ。言い方もはっきりと覚えてる。よっぽど衝撃だったんだなぁ、あたし(笑)。規則はわかる、でも、最後の一言や言い方については、もちょっと配慮があってもよかったんじゃ・・・なんて、やっぱり思うわけデス。。



        | はる | 2006/09/24 5:17 PM |
        なんなんだ??!!
        そいつ??!!!

        ひっさしぶりにすげー頭にきた

        人にものを教える人ですよね?

        その前に人としてどうよ?

        あたしも言葉悪いけど、
        同じ傷つく言葉をぶつけてやりたいよ!そいつに!
        | さとみ | 2006/09/25 11:13 AM |
        >さとみさん
        ははは。負けますよ、たぶん(笑)。その後、再入学してその教官の授業を再び受ける事になったのですが。講義自体はとても興味ある授業をされ、それはそれですごい人なんだなぁと感心してました。でも、やはりこの人間性はかわらないみたいで。誤解される部分がかなり多い方です。しかも口はたつので、言い返すだけ無駄をみます。きっと。相手にしないのが得策!
        | はる | 2006/09/25 11:28 AM |
        あの大学の先生達には煮え湯を飲まされつづけたからなぁ…
        というか、俺の場合は自分が真面目にやってなかったからだけど。。。

        俺みたいな奴にそんな言い方するんなら判るけど、お前にそんな事いってたとは…!!

        けしからんな。多分、緑色の血とか流れてるに違いない。
        | tenpei | 2006/09/25 3:18 PM |
        >tenpei
        語尾に「さん」ってつけると、なにやら恥ずかしいので、つけない(笑)。
        文面より、なんとなく、誰の事言ったかわかっちゃうあたり、さすがです!!!パチパチパチ
        やっぱ、B(V?)一族なのだろうか、緑色の血って・・・。でも、もちっと可愛げがあると思うぞぉ〜r(^ ^ ;。ヤツのは、どどめ色だ、たぶん。(笑)
        | はる | 2006/09/26 12:40 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/135
        トラックバック