<< 気になりますケド・・・なにか? | main | 初恋 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    上昇気流キターッ
    0
      最近、調子が戻ってきた気がします。

      °+.°( ̄  ̄人)°+.°う、うれぴー ♪

      < 赤味 >
      とれてきましたチョキyeah〜
      はるの場合、上から徐々に赤味も腫れも引いてきます。
      いっつも、顔から治ってくるんだよね。
      ミネリンに訊いてみたところ、一概にみんなそうとは限らないようですが。
      みなさんはどうなのでしょう?
      下から治ってくるひともいるのかな?

      とりあえず。
      顔の赤味はほぼ無くなりぴかぴか 、首の赤味が7割ほど引いた感じデス。
      腕や指先は、5、6割くらいかなぁ。モグモグ


      < 腫れ >
      炎症の腫れとは違いますがパンと張った感じで硬く、
      乾燥が激しい腫れ方をしています。
      潤いが戻ってきたら、たぶん腫れも引いて、柔らかく丈夫な肌になるでしょう。
      赤味があるところは、皮膚も盛り上がっていて、
      本来あるはずのないところでも、深い皺が目立ちます。

      まぁ、
      おいおいね。
      おいおい。猫2湯のみ


      < 痒み >
      赤味が強いところは、痒いなぁと思う。
      腫れてはいますが、表面の皮膚は薄いようで、ちょっとした刺激で肌がこすれ、大きな掻き傷のほか、目にみえないような小さな傷があり。これが、乾燥してくると更に痒みを誘発するみたい。ジカジカしますね。

      ただ、total的に痒みを分析すると。

      夜中から朝方にかけてと、お風呂上りを除いては、
      かなり抑制できるようになりました。
      いや、ほんと。
      とぉ〜っても、楽デス。イヒヒチョキ
      ちょっと動いた刺激で、痒くなることもありますが、ふんぬぅ〜〜〜っっむかっ と、
      半ばイッチャッテルような掻き方はしなくなりました。

      パクッえらいわ、はる!!拍手


      < 体力 >
      わ・・・。
      落ちてると思う。下向き撃沈
      まだ、立ってたり、座ってたりもきついときがあります。

      お腹に力がうまく入らない。
      はるの場合、この、背筋を伸ばしてお腹に力が入るかどうか(ふつ〜に立ってたりするのにも、腹筋・背筋って使ってて。それが落ちてくると、猫背気味な姿勢になってきます。)が、体力の一つの目安になってます。ペンギン

      まぁ、

      しょうがないさぁ〜ねぇ〜 パクッ

      だって、食欲が無くて
      あんまり食べてなかったんだもん。

      ずばりっ!
      病み上がりってヤツでしょー。[:ふぅ〜ん:]

      昨日あたりから、食欲さくらんぼ も沸いてきたし。
      もちょっとしたら、体力も戻ると思うので。
      それからが、本格的な体力作りGO! っすね。


      < 精神状態 >
      刺々しくギスギスしていた精神状態が、
      ずいぶんと柔らかくなってきたように思います。ラッキー
      軽い ムード ” って表現が、一番フィットしている感じデス。

      気持ちに上昇気流上向き が湧いてきました。

      朝日を浴びたい日の出 と思うし、外に出てみたいジョギング と思う。
      これはすっごくいい兆候。

      ひゃっほーぃ!!凧

      昨日、る、るんこる、るんこで、お友達のブログを拝見してたら、
      なんだかちょっと辛そうだったので・・・。
      はるの上昇気流をおすそわけしてきました。プレゼント

      というか。

      ヒトが辛そうできつそうな時、何て声かけたらいいか

      わからんとデス。。。

      だから。
      とりあえず。
      おすそわけ。


      凧 ふぅ〜っ!ふぅ〜っ! =(≧ε≦o)


      今落ち込んでるヒトのとこに、飛んでけっ!


      凧 ふぅ〜っ!ふぅ〜っ! =(≧ε≦o)


      みんなの気持ちが上昇気流に乗るとイイナァ。


      < 睡眠 >
      昼も夜も、とにかく寝れず、眠気も感じないくらい痒かったのですが。

      ふっふっふ。

      かなり眠れるんですよ、最近。

      (///∇///) /やだよ、おまぃさんったら

      はるの治り方セオリーでは、赤味や腫れが引き始めると、痒みも治まってきて。

      ものすごい睡魔 ニョロ眠たい に襲われる時期がありマス。

      これまで寝れなかった反動かどうかわかりませんが、
      昼も夜も眠いし、また、スコンと寝れてしまう。
      まだ、夜中から朝方にかけては、どうしても痒みで起きてしまいますが。

      なんかねぇ、寝てるときの首が痒いさ・・・。
      枕で温まるからかなぁ。ジンジン・カッカしてくる。
      横向いてうつ伏せに寝ると、曲げて下になってる方が痒い。
      やっぱ、熱がこもるからだなぁ。
      ムニョムニョ

      おっとっと。

      話を戻して。
      恐らく、これまでの経験からすると。
      もちょっと痒みが治まってきたら、この夜中から朝方も寝れるようになって
      朝、心地よく目覚めるおてんき ようになり、
      日中、活動する体力が戻りジョギング
      夜、ぐっすりと眠りにつくポッ という、
      そんな生活リズムが戻ってくるハズです。猫2湯のみ

      ので

      今は、免疫力ブースター期間右斜め上 と思われ。

      寝れるだけ、寝てやるぅ

      の〜

      だ〜

      なんて、言ってるうちに

      また

      眠くなってきたりして・・・。

      (〃´`)〜o○◯・・・あふぅ〜

      それでわ

      みなさま

      おやみなさい。時計イマ、ナンジッ? ソ〜ネ、ダーイタイネェ〜

      人気blogランキングバナー
      カテゴリ:atopi*(現在) | 10:20 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 10:20 | - | - | - | - |
        コメント
        上昇気流、も〜らったーーー!!!♪

        いえい♪
        | さとみ☆ | 2006/09/08 2:23 PM |
        あたしも上昇気流もらったぜぃ〜! はぁはぁ・・(←この擬音に特に意味はありません。飛び上がって捕まえたから)
        私もさぁ、今すんごーく体力落ちてて、まじで立ってるのすら辛い。座ってる時もこれでもかってくらいの猫背です。おばあちゃん並だよ。それに痩せてしまってお尻や背骨がイスに当たって痛いっす。
        はるさんの細かい観察により、猫背の時は体力ないんだなと実感。
        はるさんはこのまま良くなってくといいね〜! 私もそうイメージするよ。まだまだ私はイッちゃてる掻き方してるよ♪ まじ時々失神するんじゃないかって思う時ある。血や肉かきむしって気持ちよすぎて・・。
        後で痛いんだけどね。
        | モトコ | 2006/09/08 9:28 PM |
        >さとみさん
        上昇気流受け取って頂き、誠に光栄。
        はじめまして♪
        てゆっか・・・。さとみさん。
        いっぱいコメント、ありがとう♪
        &、テンション高いっすねぇ〜。。。
        ちょいと、おののきました。r(^ ^ ;hahaha...

        >モトコさん
         >はぁはぁ・・
        やばいからっ!ソレッ!!(←一応、つっこんどかなきゃね♪と思った 笑)
        うん。あのね、やっぱりね、リバウンドの時期の症状と、今の時期の症状は全然違うヨ。素直というか、なんというか。だから、モトコさんの今の状態が、ほんと、どーしよーもないくらい辛いっての、我が経験に則してしか言えないけど、たぶん、もっともっときついもんだと勝手ながら推測します。
        でも。ほんと。負けないで。いつか、いつか、きっと笑える日が来るハズ。そんときは、一緒に過去を笑顔で語ろう!!
        | はる | 2006/09/09 3:48 AM |
        無駄にテンション高くて、ごめんなさーーーい!(笑)
        | さとみ | 2006/09/10 7:13 PM |
        >さとみさん
        いやいや。元気が一番デス(*^ ^*)/
        | はる | 2006/09/11 10:28 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://haruji.jugem.jp/trackback/122
        トラックバック